Japanese

”なぜメキシコへ?”

ブログを始めてから、たくさんの方に応援のメッセージをいただきました。本当にありがとうございます...

おはようございます。

ブログを始めてから、たくさんの方に応援のメッセージをいただきました。

本当にありがとうございます。

 

これからもブログ書きつづけていくのでよろしくお願いします。

多くのブログ購読者から”どうしてメキシコに行ったの?” という質問を頂きました。

というわけで、今日はメキシコ渡航までの簡単な” まとめ” を書いたので是非読んでください。

大学卒業後メキシコ渡航を決意

2014年9月に立命館アジア太平洋大学を卒業しました。

サッカー休学を計3年間したので他の人より少し遅めの卒業となりました。

(サッカー留学経験のまとめを後日アップいたします。)

当時卒業が遅れてしまい、親に大変迷惑をかけて申し訳ないと思ったのをはっきり覚えています。

改めて、この場を借りて両親にお礼がしたいと思います。

計8年弱の大学生活を支えて頂きありがとうございました。これからも全力で人生を生きていきます。

起業の難しさを体験

さて本題へ戻ります。

2013年からスペイン語教室NARANJAの経営兼講師をしていて、2014年から独立をしようと準備をしていましたが、活動中に経験や知識が足りないことを痛いほど実感したので断念しました。

起業を諦めたわけじゃありませんよ。その時、もっと知識をつけて再度挑戦をしようと思いました。

ビジネスチャンス

2014年卒業前にメキシコ旅行をしました。

目的は観光でしたが、友達と話をしているとメキシコにたくさんのビジネスチャンスがあることに気づきました。

経済発展途上国での貴重な経験

当時、多くの外資企業がメキシコへ進出していました。

(勢いは落ちましたが、現在も外資系企業が進出しています。)

大半の企業が進出した理由は”メキシコを生産拠点としたアメリカ市場への進出”でした。

メキシコを生産拠点するメリット:

  1. 安価な労働賃金と豊富な若年労働者がいること。
  2. 北米自由貿易を利用して輸出関税免除の恩恵を受けること。

資源豊富な国であるメキシコが外資系企業による投資、また進出した企業から世界基準のノウハウを取得することでこの国は将来的に”化ける”のではないかと直感的に感じ、そのような国で働くことは貴重な経験になると思いました。

競争率が低い

メキシコシティーの友達、それから企業で働いている方と話す機会があり、日本語・西語バイリンガルがいなくて困っているという話を聞きました。

この時、自分の西語レベルを上げれば、日本で10年かかってしか経験でないことを、下手すれば3年程で経験できるのではないかと感じました。

メキシコ大学院へ入学

日本で独立に失敗した時に、知識と実践経験がないことを実感して、知識をつけるために高いレベルでもう一度勉強をしたいと思っていました。

当時のメキシコ人の友達から日本の半額程度で大学院の授業を受けることを聞いて、メキシコの大学院で勉強をしようと決意しました。

さあ、メキシコへ!

以上の理由からメキシコでの就職活動を始めた結果、晴れてみどり安全さんに2015年11月から日西通訳として働くチャンスをいただくきました。

これが僕の社会人スタートでした。

その後のメキシコでの4年間経験については別記事にてお話しいたします。

購読ありがとうございました。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s