Japanese

“メキシコ人よりメキシコ人な日本人”

最近よく、待ち合わせ時間に遅行したり、約束を忘れてしまったりする日本人をよく見かけます。 本記事ではそのような人を”メキシコ人よりメキシコ人な日本人”と定義します...

おはようございます。

 

今日は”メキシコ人よりメキシコ人な日本人”の話をしたいと思います。

最近よく、待ち合わせ時間に遅行したり、約束を忘れてしまったりする日本人をよく見かけます。

本記事ではそのような人を”メキシコ人よりメキシコ人な日本人”と定義します。

決してメキシコ人がいつも時間に遅刻して、約束を守らないという意味ではありません。

あくまで日本人の持つ”仕事上でのメキシコ人に対するネガティブなイメージ”を基に喩えました。

 

さて、留学や海外出張の際には、 “現地に適応することが大事”と言う言葉をよく耳にします。

しかしながら、海外に長く住んでいる人からは“海外生活に慣れた”という言葉をよく耳にします。

この“慣れる”“適応する”という言葉の定義は全く違います。

 

  • 慣れる(GOOGLE国語辞典引用)

その状態に長く置かれたり、たびたびそれを経験したりして、違和感がなくなる。通常のこととして受け入れられるようになること。

  • 適応する(GOOGLE国語辞典引用)

人間が、外部の環境に適するように行動や意識を変えていくこと。

 

つまり”慣れる”ことは他のみんなが遅刻するから自分も遅刻しても大丈夫という考えに対して違和感がなくなり、通常のこととして受け入れてしまうようになるということです。

これは異常な現象です。

僕も実際に”慣れてしまった一人”でしたので良くその怖さを知っています。

それに対して“適応する”はメキシコの規則や文化を考慮した上で、物事を自分の”基準”で判断し、活用することです。

つまりこの二つの行動レベルは天と地の差があるということです。

また、この現象は海外だけでなく、職場であったり、友達のグループであったりと小さいスケールでも起こる可能性があります。

つまり、常に自分を客観的に見れないと認識がないまま“特定の環境に慣れてしまう危険性”があるということです。

読者の方はどうでしょうか。

自分のいる環境に”慣れていますか”、それとも”適応していますか”

 

購読ありがとうございました。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s