Japanese

“なぜ家だと集中できないのか”

昨日友達に「なぜ家で勉強しないの」と聞かれ時に「家だと集中できないから」と適当な答えを返してしまったのですが、この質問に対して、きちっとした返事を出そうと思います...

こんにちは。

今日は日曜日なのでスタバにきて、勉強しています。

昨日友達に「なぜ家で勉強しないの」と聞かれ時に「家だと集中できないから」と適当な答えを返してしまったのですが、この質問に対して、きちっとした返事を出そうと思います。

なぜ家だと集中できないのか。

  1. 緊張感がない。

家に帰るとリラックスモードになってしまいます。「ちょっと休んでから勉強を始めよう」こういう時は、気づくと2時間くらいは休んでしまいます。

  1. お腹が空く。

冷蔵庫が近くにあるので、気づくと何かを手にとって食べはじめてしまう。

  1. 気温が安定しない

サンルイスの気候は昼が暑くて、朝と夜が寒いという砂漠のような気候です。家に居ても、一日の中で上着を着たり、脱いだりしなければならない。

  1. 集中力を散漫させる誘惑がある

例えば、勉強を中断してトイレに行った時にトイレットペーパーの予備なく、買い物をしないといけないことに気づき、「どこにいつ買いに行くのか。」「何時までに買いにいかなけばならないのか」等考えてしまい、気が散る。

 

この4つの問題が家で勉強するのに大きな障害になっていることに気付きました。

同時にスタバに行くことでこの問題の程度が軽減されることがわかりました。

 

  1. 緊張感がない。→緊張が出る。

スタバにいる多くの人が勉強していたり、仕事をしたりしています。その中にいると自然と緊張感が出てきます。

  1. お腹が空く。→ 空腹を我慢できる。

食べ物を買わなければいけないという経済的障害が課されるので、空腹が気にならなくなる。

  1. 気温が安定しない→気温が安定する。

エアコンで店内の気温が一定に保たれているので、上着を着て調整するする必要がない。

  1. 集中力を散漫させる誘惑がある→集中力を散漫させる誘惑が軽減される。

店の管理者がいるという安心感があり、自分のすることに集中できる。

 

以上の理由で、家ではなくスタバで勉強する方が集中できます。

 

自分の意思決定を効率的かつ有効な手段で行うために、無意識にしていることを分析し、その行動理由を知ることは大事だと思いました。

 

購読ありがとうございました。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s