Japanese

“「読書レビュー」地頭力の鍛え方#1”

地頭力と何かという問いに対して導き出した答えは、「限られた時間の中でとにかく答えを出す力」です。

細谷功氏著書の地頭力の鍛え方を読みました。

“地頭力かと何か”という問いに対して導き出した答えは、「限られた時間の中でとにかく答えを出す力」です。

具体的には3つのポイントがあります。

1. どんなに少ない情報でも仮説を立てる姿勢。
今現在手元にある情報でまずは仮説を作ることが大事である。
たとえ、それが少ない情報で信憑性が欠けていると感じたとしても、最初に”結果”を捕らえることで、途中で路線に外れることがなくなる。

2. 前提条件を立てて、とにかく前にすすむこと。
立てた仮説が成立するために前提条件を立てる。前提条件を立てる際の大事なのは、まず仮説を全体像でとらえ、それを最適な切り口で分類し、さらにそれを因数分解することで最小化する。最終的に残ったボトルネックが条件となる。

3. 取得する情報の精度を上げながら、検証を繰り返すこと。
新しい情報を集めながら、仮説を前提条件について検証を繰り返す。

以上、地頭力をつけるこで、頭中の整理整頓を可能にし、情報の量に関わらず、話し相手にロジカルに物事を説明することができるようになると僕は理解しました。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s