Japanese

“「読書レビュー」できる人は必ず持っている一流の気配り力#4”

安田正著書「できる人は必ず持っている一流の気配り力」を読みました。

安田正著書「できる人は必ず持っている一流の気配り力」を読みました。

「気配りの本質は何か」という質問に対して導き出した答えは「相手の立場になって考え、常に一歩先を読む」ことである。

さまざな種類の人間関係において気配りをすることで、相手を快適にさせるだけでなく、圧倒的なメリットを得ることができる。

具体的には3つのポイントがある。

  1. 相手視線でスケジュールを立てる。
    相手目線で考え、必要とされていることにフォーカスしてスケジュールを立てる。要するに「相手の期待していることをはずさない」ことである。
  2. 相手の立場から感情を想像する。
    相手の立場を考慮し、共感を持つことで「この人はわかってくれる」と印象付ける。
  3. 相手にとってメリットのある目次を立てる。
    自分の話したい話ではなく、相手の聞きたい話を伝えることで、相手を能動的にさせる。そして、「あの人の話はわかりやすい」と印象付ける。

購読ありがとうございました。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s