Japanese

“「読書レビュー」1分で話せ#5”

伊藤洋一著書「1分で話せ」を読みました。

伊藤洋一著書「1分で話せ」を読みました。

「相手を納得させ、行動を取らせるためのプレゼンを行うために抑えておきたい原理原則とは何か」という問いに対して導き出した答えは「プレゼンは手段であって、目的は人を動かすことである」です。

つまり、どんなに流暢に説明しても伝わっていなければ意味がないのである。

相手を動かすためには以下3つのポイントを考慮して、プレゼンを準備する必要がある。

  1. スッキリ・簡単

スライドは読まずに頭に入るように、説明する時に使う言葉は中学生レベルでも理解できるようにして、出来るだけプレゼン内容を簡単にする。それから、話を脱線させるおそれのある「頑張ったこと」を排除して、プレゼン全体をスッキリさせる。

  1. 三段ピラミッド

結論→根拠→事例の順でプレゼンを作成する。三段ピラミッド出来上がったら「だから…である」と読見返してみて意味が通じるかどうか確認する。

  1. 想像させる

聞き手をイメージに引き込む、もしくはイメージを描いてもらうことで、実際に伝えていること以上に説得力を持たせる。

購読ありがとうございました。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s