Japanese

“「読書レビュー」考具(5W1H)#10”

加藤昌治著書「考具(5W1H)」を読みました。

加藤昌治著書「考具(5W1H)」を読みました。

「5W1Hを使用して、アイディアの基本条件を固める際に抑えておきたい原理原則とは何か」という「問い」に対して導き出して答えは「アイディアは制限してはならない。”わがまま”から始める」である。

そのためには、ある程度進めてから与件的な条件と折り合いをつけていく必要がある。

具体的には3つのポイントがある。

1. アイディアありき。
新しいアイディアは予定調和の中からは生まれない。やるべきことでなく、やりたいことを書き出すことから始める。

2. アウトラインを決める。
5W1H用いて、アイディアを実現するための条件と疑問点を洗い出す。

1) なにを(WHAT)をどのよう(HOW)に行うのか。
2) 誰が(WHO)それ(WHAT)を行うのか。
3) なぜ(WHY)彼らが(WHO)それ(WHAT)を行うのか。
4) いつ(WHEN)行うのか。
5) どこ(WHERE)で行うのか。

1. コストを考慮する。
アウトラインがある程度決まってからそれを実現するためにかかる費用項目(HOW MUCH)を整理する。可能であれば、費用概算まで作成する。

購読ありがとうございました。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s