Japanese

“「読書レビュー」考具(マインドマップ)#12”

加藤昌治著書「考具(マインドマップ)」を読みました。

加藤昌治著書「考具(マインドマップ)」を読みました。

「考具マインドマップを使う際に抑えておきたい原理原則とは何か」という「問い」に対して導き出した答えは「形式にこだわらず思うがままに書いていくである。」

そのためには、自分の言葉で情報を整理しながら、その過程で浮き上がってきたアイディアを付け加える必要がある。

1. 頭に忠実に
マインドマップを書くための決まった形はなし。
頭の中を忠実に再現していくようなイメージで、思うがママに広げていく。

2. 情報の整理
マインドマップを広げていく際に心に残った言葉は強調させる。
一目でどの情報が大切なのかをわかるよう工夫する。

3. アイディアメモ
書き出した情報を強調させたり、繋げていくうちに浮かんできた疑問・アイディア・気づき等をマインドマップに書き留める。

購読ありがとうございました。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s