Japanese

“「読書レビュー」「トヨタのPDCA+F」#13”

桑原晃弥著書「トヨタのPDCA+F」を読みました。

桑原晃弥著書「トヨタのPDCA+F」を読みました。

「世界No.1企業だけが行なっている究極のサイクル”トヨタのPDCA+F”の本質とは何にか」という「問い」に対して導き出した答えは「当たり前のことをとことんやる」である。

そのためには、始めたことは最後までやり切る、絶対に中途半端にしてはならない。

具体的には3つのポイントがある。

1. 百の説法より1つの実行
わかったと安易にいうな、実行したあとで言う。
理論だけで簡単に物事を結論づけてはならない、自分の手を汚して実行しすることで、初めてある結論に辿りつく。

2. PDCAの真の目的
外のせいにしない、内部を変えることこそがPDCAの真の目的である。
問題原因を外部要因に起因するものだと簡単に決めつけてはいけない。内部で何ができるかを全力で考え、それを実行することに尽きる。

3. どこまでもやり続けるためのフォロー
成果に対して、体で覚えるまでフォローを行う。たとえ、目標に達してもそれを到達点でなく、出発点として捉えて引き続き改善活動をやり続ける。

購読ありがとうございました。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s