Japanese

“「読書レビュー」「ほめる技術」#17”

鈴木義幸著書「ほめる技術」を読みました。

鈴木義幸著書「ほめる技術」を読みました。

「他人に能動的に動いてもらうために自分がとるべき行動は何か」という「問い」に対して導き出した答えは「本当にほめる」である。

そのためには、相手をよく見て、日々どんなことを思っているのかを洞察し、相手が1番聞きたい言葉を伝える必要がある。

具体的には3つポイントがある。

1. I(アイ)の立場でほめる。
相手の影響力が自分に対してどのように影響しているのかを伝えることで、社会での居場所を明確に伝える。

2. 相手の意見を聞く。
自分の意見を一方的に押し付けるのではなく、相手の意見を聞くことで、相手を大事にしていると伝える。

3. ノーという選択肢を与える。
選択肢を与えることで、相手の存在を認めていると伝えることができる。

購読ありがとうございました。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s