Japanese

“「読書レビュー」「プロコーチングスキル」#20”

播磨早苗著書「プロコーチングスキル」を読みました。

播磨早苗著書「プロコーチングスキル」を読みました。

「コーチングの本質とは何か 」という「問い」に対して導き出した答えは「他人のせいにしない、常に自分を原点として考える」

そのためには、常に問題原因を自責化する必要がある。

具体的には3つのポイントがある。

1. 現地材地点のGPS化
理想の姿までの距離(ギャップ)を明確にし、自分が今どの地点にいるかを認識する。
以下手順でゴールを明確にする。

 心の風景を詳しく見る。
 どういう状態が目標達成になるのかを基準化する。
 いつまでに達成するのかを決める。
 達成したら何が得られるかを明確にする。

2. 成果の確認
現状を認識した上で、今現在の成果を確認する。
その際に抽出された問題原因を自責の観点で捉える。コントロールできない外部要因に視点を向けるのではなく、問題を起こしてしまった際の自分の非は何かを明確にする。

3. 行動決定
問題原因を理解した上で、自分”アクション”を決定する。その際には情報を整理して、時系列にすべきことを整理されてなければならない。

購読ありがとうございました。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: