Japanese

“「読書レビュー」「超整理術」#38”

今ある現状を把握・整理することが問題解決の第一歩となる。

佐藤可士和著書「超整理術」を読みました。

「整理術を用いて問題解決を行う際に抑えておきたい原理原則は何か」という「問い」に対して導き出した答えは「”外”で答えを求めない」である。

今ある現状を把握・整理することが問題解決の第一歩となる。

具体的に3つのポイントがある。

Screen Shot 2019-04-11 at 5.39.23 AM

1. 状況把握→思考の情報化を行う。
対象を問診して現状に関する情報をまとめる。

2. 視点導入→整理した情報の因果関係を追求する。
整理した情報にある視点を持ち込んで、並べ替え問題の本質を突き止める。

3. 課題設定→常識の中の無駄を省くことで、新しい価値を生み出す。
問題解決のために達成すべき課題を設定する。

購読ありがとうございました。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s