Japanese

“「読書レビュー」「プロフェッショナル仕事の流儀ヒット商品はこうして生まれる」#39”

洋服を着せるのではなく、裸にしていく。 最後に残った一枚が物事の核となり、自分を表現するユニークなコンセプトとなる。

「プロフェッショナル仕事の流儀ヒット商品はこうして生まれる」を読みました。

「佐藤可士和のプロフェッショナルの流儀とは何か」という「問い」に対して導き出した答えは「本質を掴んで表現する」ことである。

洋服を着せるのではなく、裸にしていく。
最後に残った一枚が物事の核となり、自分を表現するユニークなコンセプトとなる。

具体的には3つのポイントがある。

1. 雑談しない。
仕事をする際には最低限の会話しかしない。
全ての集中力を仕事に注ぎ、最高の商品を作るように努力する。

2. 自分の良いと思うものだけを世の中に出す。
商品を作る際には自分に対して最高の品質を求める。
そのためには「新しい視点」と「新しい価値」の絶妙なバランスを見つけることに専念する。

3. シンプルな世界観を持つ。
夾雑物を取り除き、掘り下げて考えることで、物事の本質を捉える。

購読ありがとうございました。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s