Japanese

“「読書レビュー」「結果を出す人はノートに何を書いているのか」#43”

暗記するノートではなく、必要な時に活用する「記録」としてノートをとる。

美埼英一郎著書「結果を出す人はノートに何を書いているのか」を読みました。

「社会人がノートを取る際に抑えておきたい原理原則は何か」という「問い」に対して導き出した答えは「ノートは忘れるために取る」である。

暗記するノートではなく、必要な時に活用する「記録」としてノートをとる。

具体的には3つのポイントがある。

1. メモノートをとる。
断片メモやまだ考えが整理されていていないアイディアや思いつきを書く。

2. 母艦ノートをとる。
使えないものを除いて、メモノートに記録した情報を切り離して、グループ分けしていく。その際、アプトプットを前提に整理をする。

3. スケジュールノートとる。
母艦ノートに記録したアイディアを実施するためのスケジュールを作成する。その際、予測と結果を記入することで、自分固有の経験値が溜まっていく。それを上手に生かすことで仕事のスピードや生産性が上がる。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s