Japanese

“「読書レビュー」「組織の未来はエンゲージメントで決まる」#47″

これからの時代のマネジメントはミスが出ないように管理するのではなく、社員が知恵や創造性をいかんなく発揮できるための「環境づくり」や「サポート」をすることに変わってきている。

松林博文・新居佳英著書「組織の未来はエンゲージメントで決まる」を読みました。
Screen Shot 2019-04-24 at 6.13.51 AM

「どうすれば社員が意欲的に仕事に取り組むのか」という「問い」に対して導き出した答えは「自発的な貢献意欲を高めること」である。

これからの時代のマネジメントはミスが出ないように管理するのではなく、社員が知恵や創造性をいかんなく発揮できるための「環境づくり」や「サポート」をすることに変わってきている。

そのため、会社は社員に対して仕事の意味を共有し、個々の動きを承認し、それを適切に支援することが求められるようになる。

具体的には3つのポイントがある。

1. 職務
仕事に対して満足度を感じているのか。

2. 支援
上司や仲間から職務上、または自己成長に必要な十分な支援を受けているか。

3. 承認
周りの従業員から認められている感じているか。

購読ありがとうございました。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s