Japanese

“「読書レビュー」「鬼速PDCA」#65″

富田和成著者「鬼速PDCA」まとめ

富田和成著者「鬼速PDCA」を読みました。
Screen Shot 2019-06-21 at 7.28.24 AM
「鬼速PDCAを実施する際に抑えておきたい原理原則は何か」という「問い」に対して導き出した答えは「PDCAを形骸化させない」である。

鬼速PDCAとは単に鬼速でPDCAを回すための手法ではなく、人生そのものの前進するスピードを速めるための手法である。

そのための重要項目は以下の通り。

1. 精度の高い仮説を立てる。「課題が見えないからやらないのではなく、やれば課題が見えてくる」と発想を切り替え、失敗を恐れずに仮説を立ててみる。

2. インパクトの大きいものから着手する。そのためにはKGIから逆算してKPIの設定を行い、KDIまで落とし込む。

KGI:ゴール達成率
KPI:サブゴール達成率
KDI:行動計画達成率

3. 行動計画を実行する際に迷わないレベルまで分解する。(TODO化)

4. 目標の定量化し、「結果の見える化」を徹底する。

5. 行動目標管理は毎日行う。

6. たて・よこ・斜めで小まめに検証を行い、思い込みを外す。

7. 検証結果を次のPDCAサイクルに迅速につなげる。

8. 最終目標達成のためには小さなPDCAを同時に動かす。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s