Japanese

“「読書レビュー」「超整理法 3」#70″

読書レビュー: 野口悠紀雄著書「超整理法 3」

野口悠紀雄著書「超整理法 3」を読みました。
Screen Shot 2019-07-24 at 8.12.31 AM
「タイムマネジメントを行う際に抑えておくべき原理原則は何か」という「問い」に対して導き出した答えは「時間は見て管理する(線管理)」である。

タイムマネジメント仕方によっては1日の時間が40時間(増加)になる場合もあれば、1時間(減少)になる場合もある。要はどれだけ時間を効率的に使うかで、こなせる仕事の量が変化する。

1. タイムマネジメントの見える化。
なすべき事は時間に沿って並んでおり、持ち時間によって支配されている。つまり、なすべき事を一覧化し、「点」ではなく「線」として管理すことで時間の使い方を合理的に判断できるようになる。

2. タイムマネジメント実施時の重要点。
タイムマネジメントを行う際には以下5つの項目を厳守する。

1. 仕事を中断しない。
2. 問題が発生した場で即片付ける。
3. 拙速を旨とせよ。(8割の法則)
4. 時には寝かす。
5. 不確実な事を先にする。(時間軸)

3. 1日の時間の増やす。
各個人が持っている時間を効率的に使う方法は以下3つである。

1. 他人の時間を使う。
2. 他人の時間を分けてもらう。
3. 他人に使っている時間を取り戻す。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s